日本の書

書道の技法(書法)には、筆法、間架結構法、布置章法があり、それぞれに様々な方法が編み出され、書体や書風などによって使い分けられています。技法の習得には色々な教育機関を通じて書家に師事し古典を中心に学習し、書道展などに出品しながら技量を高めていくのが一般的です。大作などの特殊な場合を除いて文化圏により書字動作に違いがみられ、中国では高机に向かって立ったまま書く慣習がありますが、日本では正座してしたためることが通例となっています。

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。